2013年04月16日

水窪ではカブトムシのメスのことを「モングー」と呼ぶ

水窪ではカブトムシのメスのことを「モングー」、
クワガタムシのメスのことを「ボット」、
と呼ぶと思うのだけど、
それが水窪だけの呼び方らしいことを、
昨日の夜知った。

水窪のお隣、佐久間町では、
通じないのだ。

それから、水窪では
乱雑としている様子のことを、
「らんごくない」「らんごかない」
などと言ったりするけど、
浦川の方ではたんに、
「らんごく」
と言っている。

これは、
「らんごくない」は遠州弁であり、
「らんごく」は三河弁であるせいらしい。

遠州弁 - Wikipedia
三河弁 - Wikipedia

水窪と佐久間は、
同じような地域だなと思っていたけど、
言葉だけみても、違うところがたくさんあるのだな。


posted by もり at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 水窪の方言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

水窪の方言 「き」

きび とうもろこし

きびがよい いいきみだ

きんのう 昨日

きてみょう きてみろ

きぜわしない いそがしい、落ち着かない



「きび」は、
きびだんごに使われる穀物の名称と紛らわしいが
水窪では基本的にとうもろこしのことである。

ほかにとうもろこしを「きび」と呼ぶ地域には、
北海道札幌市、長野県南部、鳥取県、高知県などがあるのだそうだ。

ウィキペディア 「トウモロコシ」




「きんのう」のように、
標準語に「ん」が追加されている方言が水窪には結構ある。

水窪では標準語の意味をちょっと強めたいときに、
「ん」を挟み込むことが多いが、
この「きんのう」のように、
特に意味のない「ん」の場合もある。



「きぜわしない」は、
いそがしくて落ち着かない、
という二つを足した意味だと思う。

水窪で町中の人が「きぜわしなくなる」頃というと、
9月の祭りのころである。

もうすぐである。





ラベル:方言 水窪
posted by もり at 06:34| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水窪の方言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

水窪の方言 「か」

かなんかいね いやだね

かじかむ こごえる

がんこ たくさん

かんしょう かんべんして

かんだるい つかれた 




「か」で始まる方言について


「かなんかいね」はうちの母がよく使う。

「かなん」ことが、たくさんあるのだろう。


「がんこ」は、
たとえば近所の人が自分の畑でとれた野菜をおっそわけしてくれたときなどに、
「まんず、こがいにがんこに、すまんねぇ」
と、
驚きながら言うことで、
「こんなにたくさん、ほんとにありがとう。」
という意味になる。



「かんだるい」は、
単に「つかれた」という状況よりも、
もうちょっと程度が強い。

なにか病的な原因が潜んでいそうなくらいに「だるい」時が、
「かんだるい」である。


ラベル:水窪 方言
posted by もり at 10:24| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水窪の方言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水窪の方言 「お」

おこびる ふざける

おじ・おんし お前

おっかない こわい

おんもい 大変おもい

おぶう 背負う

おいす こんにちは

おい やあ




「お」で始まる方言について



「おっかない」はよく使われる。

「おっかない」の小さい「っ」の部分をどれだけ強調するかで、
怖さの程度もあらわせる。

たいていは語尾に「ぞう」がついて、
「おっかないぞう」となる。


怒っている人にやや控えめに「おっかないぞう。」と、言うと、
「そんなに怒らないで。」
というような意味を含めることができ、
ちょっと相手の怒りをいさめるための言葉としても使える。



「おんもい」について。

水窪では促音便の「ん」がいろんな形容詞の間に付け加えられて、
その形容詞の意味を強調する意味となることがある。

「おんもい」=大変重い

「きんれい」=大変綺麗

「はんやい」=大変早い

などなど。


ラベル:方言 水窪
posted by もり at 10:22| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水窪の方言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水窪の方言 え

えげてきた いやになってきた

えらかっつら 大変だったでしょう

えのごがはれる リンパ腺がはれる

えらいね 大変だね




「え」で始まる方言について

「えらい」は、
水窪では「偉い」ではなく、
「つかれた」とか、「たいへんだ」というような意味で使われることが多いので、
それを知らずに水窪以外の地域で、
「おまえ、えらそうだな」
と、相手に言うと、
最悪、喧嘩になることもあるので注意が必要。

(水窪では「あなたは、とてもも疲れているように見えますが、大丈夫ですか?」というような意味。)



過去に、
「えらい」に関する言葉のトラブルで問題を起こした水窪人が、
何人くらいいるのか、いちど調べてみたい。


「えのご」=「リンパ腺」であるのかということは、
私にはよくわからないのですが、
小さいころおたふくかぜになったときに、
この言葉をいわれたおぼえがあります。






ラベル:方言 水窪
posted by もり at 10:17| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水窪の方言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

水窪の方言 う

うそこけ うそを言うな

うつ 獲物の通り道

うなう 耕す




「う」の方言について

「うそこけ」は、
嘘をつくな、という意味ではあるが、
相手の話が、ちょっとオーバーに脚色されているな、と感じられた場合や、
信憑性が低いな、と感じられたときに、
あいづちのような感覚で言われることもある。

なので、
「うそこけ」と話の中で誰かに言われても、
そんなに深刻に受け取る必要はないと思う。

誰かに、「うそこけ」といわれたときには、
「うそじゃないって、ほんとだって。」
と、
笑いながら弁解したらいいと思う。



「うつ」という言葉は、
私は聞いたことがない。

水窪には、
副業として猟師をしている人がいるので、
恐らくそういう人が言うのだろうと思う。



「うなう」について。

水窪は山間の町なので、
平らな土地というのがほとんどなく、
畑は斜面に石を積んだりして作られており、
「うなう」のは大変である。

そういう場所では、
大型農耕機械も使用できず、
大部分が手作業での農業となる。



ラベル:水窪 方言
posted by もり at 14:20| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 水窪の方言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水窪の方言 い

いいっちゃ いいでしょう

いかいずら どうだろう

いっかもない 何ともない

いんぶりかく すねる

いかまいか 行きましょう

いきる 暑い

いんにゃ いいえ




「い」の方言について


「いっかもない」はよく使われる。

なにか悩み事を抱えているような人に、
「いっかもない、いっかもない」と、言った場合には、
「そんなに心配するな、大丈夫だよ。」
というような励ましの言葉になる。

しかし、
目の前で転んだ人とかに、
「大丈夫?」と聞いたときに、
ちょっと険しい表情で、
「いっかもない」
と、答えた場合は、
ちょっと強がっていることもあるので、
心配してあげたほうがよいと思う。



「いきる」は、単に暑いというよりも、
「蒸し暑い」というニュアンスに近い。

水窪は降水量の多い地域で、湿度が高いことも多いので、
「いきる」のである。

それから、
「いきる」ときというのは、たいてい夕方で無風のときで、
「いきった」後は、
夕立となる場合が多い。

そして、夕立の後には、
山の方から涼しい風が吹き降ろしてくる。


ラベル:方言 水窪
posted by もり at 14:13| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 水窪の方言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水窪の方言 あ

あんじゃあない 大丈夫

あての方  上の方

あすぶ   遊ぶ

あんべ 遊べ

あんばい 具合

あらっちゃ あるでしょう

あえんで 歩いて

あがってけ 食べていけ

あつれっぽい 暑苦しい




「あ」の方言について

「あんじゃあない」はかなりよく使われる方言だと思う。
略して「あんじゃない」とされることもある。

これは「あんじゃあ」という物が「無い」、
ということなのか?
ともとれる言葉だと思うが、
「あんじゃあ」の部分には、私の知る限り特に意味はない。



そのほかの方言では、
「あがってけ」もよく使われる。

誰かの家に訪ねていくと、
たいてい、
「あがってけ」といわれて、
お茶とお茶菓子が出る。

夕方に「あがってけ」と言われた場合には、
お酒とおつまみが出る。

それで帰るときには、
きっと何かちょっとした手土産を持たされる。

それが水窪流のおもてなしだと思う。

ちなみに、水窪で飲まれることが多い日本酒は、
なぜか「福徳長」である。
ラベル:水窪 方言
posted by もり at 14:08| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 水窪の方言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。