2010年07月23日

幻の池 池の平情報

水窪の池の平というところに7年に一度現れるとされる幻の池が、
今年12年ぶりに姿を現したということです。

そのニュースはYahooのトップページにも出ていました。
(それも驚きでした。)



そこまで行く方法は、

http://kitaro.hamazo.tv/e2538363.html

http://misakubonet1.hamazo.tv/e2538201.html

などで紹介されていますが、
たどり着くには相当の困難を要するようです。

実際に要救助者が出て、
救急車とレスキュー隊が出動していたようですし。



道路が閉鎖されている現在、
地元の人でも気軽に見に行ける場所ではありません。



その他、
幻の池の情報。


http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100721-OYT1T00934.htm

http://www.shizushin.com/news/local/west/20100721000000000012.htm


http://yama-machi.beblog.jp/sakumab/2010/07/12-3d62.html


http://misakubonet2.hamazo.tv/e2537409.html
ラベル:水窪
posted by もり at 06:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 水窪ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

7年に一度水が沸く池の平ら ついに水が沸いたということ

7年に一度水が沸くとされる水窪の池の平という場所で、
ついに水が沸いたということ。

http://kitaro.hamazo.tv/e2535773.html

ただ、
そこに行くための道が崩れていて、
容易にはそこまでいけないらしい。

今回の湧き水を見られる人は、
少なそうだね。

ラベル:水窪
posted by もり at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 水窪ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

水窪に山の駅オープン

浜松市天竜区水窪町の三遠南信自動車道の建設予定地だった空き地を活用し、水窪地域の魅力を発信する活動拠点「草木トンネル山の駅」が3日に誕生する。
ということ。

ニュース記事

http://www.47news.jp/localnews/odekake/2010/04/post-20100402172137.html


http://www.shizuokaonline.com/otonaha/travel/20100402000000000062.htm

ブログ記事

http://yama-machi.beblog.jp/sakumab/2010/04/post-14cb.html


http://blogs.yahoo.co.jp/ddrkq685/43058805.html


http://blog.livedoor.jp/misaku_55/archives/2010-04.html#20100403


http://kitaro.hamazo.tv/e2348066.html


一度行ってみたいと思いますが、
平日に行ったら、
誰もいなそうだなと思いました。

この山の駅を開いた、
地元有志で組織する「山に生きる会」、
という会も、
面白そうだなと思いました。

ラベル:水窪
posted by もり at 06:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 水窪ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

水窪で竪穴敷き住居

水窪小学校の小学生たちが、
校庭の一角に竪穴敷き住居を作っているという記事。

http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20091202/CK2009120202000190.html


ラベル:水窪
posted by もり at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 水窪ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

水窪のネットショップ

水窪のお店がネットショップを開いたそうです。

小松屋製菓

栃餅などが買える。

ふるさとの味が懐かしくなったとき、
それがネットで購入できるのはうれしい。

ラベル:水窪
posted by もり at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 水窪ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

水窪で「カシノナガキクイムシ」の被害

ブナ科のミズナラやコナラ、カシなどの広葉樹を枯死させる害虫「カシノナガキクイムシ」の被害が、静岡県内で初めて浜松市天竜区水窪町の山林で確認された。
ということ。

http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20091023/CK2009102302000193.html
ラベル:水窪
posted by もり at 10:49| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水窪ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

水窪で山菜とりの最盛期

浜松市天竜区水窪町でワラビやタケノコ、タラの芽、コゴミなど“山の幸”の収穫シーズン最盛期を迎えた。同町奥領家の地場産品直売所「塩の道・国盗り」では、店先に多数の山菜類が並び、行楽客の人気を集めている。
ということ。

http://www.shizushin.com/news/local/west/20090427000000000030.htm

毎年この時期のお楽しみですね。

山菜取りは、素人には良くわからなくて、
しかし、地元の人とかに連れて行ってもらえると、とても楽しいと思うので、
そういう企画もやったらどうかと、
思ったりします。


ラベル:水窪
posted by もり at 05:59| 静岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水窪ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

水窪のNPO 天竜森の学校ホームページ

水窪で始めて設立されたNPOの、
ホームページができたそうだ。

天竜森の学校

その活動内容のうち、
「郷土」についての体験学習事業としてあげられている、

天竜地域の児童・生徒を主たる対象に、地域の自然、文化、産業、福祉等を体験学習する機会を提供するとともに、森の自然を保全、修復するための知識・技術を習得する機会を提供し、地域を「愛する心」「誇りに思う心」を醸成する


の部分は、
いいなぁ、
と思いました。


私も、
水窪町で成長したことを誇りに思っていますが、
それは、

水窪町で成長する間に、周りのひとから大切にされて育った感じがすごくするから、

だと思います。


そこにすむ子供たちが、
周りの大人から大切にされてほしい。



ラベル:水窪
posted by もり at 17:01| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水窪ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月04日

水窪にNPO誕生

水窪にNPOができましたというブログ記事

http://misakubonet1.hamazo.tv/e1352429.html

凄いなと思いました。



このブログからは、
水窪なんでも情報局というブログからは、
メールで新着記事の情報が届くようにして、
ほぼ毎日、水窪の情報を得ています。


このブログを書いている方も、
凄いです。




ラベル:水窪
posted by もり at 21:31| 静岡 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水窪ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

北遠地区のSNS

浜松市は、北遠地域(浜松市北部に位置する天竜区全域。森林や天竜水系の水資源に恵まれ観光資源も豊富)をテーマとしたSNSを今年10月に開設する。5月30日よりシステムの開発・運用・保守を行う事業者の募集を開始した。
ということ。
記事↓
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080603/305810/ 


北遠地区というのには、
水窪町も含まれる。

そのSNSの主旨は、
下記のように説明されていた。

浜松市が企画しているSNSは、いわゆる「地域SNS」とはコンセプトが異なっている。自治体が設置する地域SNSは一般的に、地域住民を主な利用者として想定し、地域の課題を解決できるようなコミュニティの活性化を目的としている。これに対して浜松市のSNSは、北遠地域の自然や文化の情報を交換できるネットワークを作り、全国に北遠地域をアピールしていくことが主な目的であり、地元住民ばかりでなく積極的に全国からSNS参加者を募っていく方針だ。また、アウトドア雑誌などの全国メディアとの連携も目指す。


つまり、
北遠地区にはすでに地域は活性化されているから、
次の段階として外部にアピールしていこう、
ということなのだと思う。



田舎といえど、
いろんな活動をしている人がたくさんいるのだと思うけど、
その様子は、
いまいち伝わってこない。

大手メディアは儲からない話は無視するだろうし、
(取り上げたとしても、ステレオタイプだけ。)
ほかに広く伝える手段も、
今まではなかったから。

でも、
今はその手段はあるのだ。

それを、
使わない手はないだろう。


ラベル:水窪
posted by もり at 21:37| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 水窪ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。