2007年09月15日

神原遺跡

神原遺跡は、
昭和29年から32年にかけて行われた水窪小学校の鉄筋校舎建築並びに運動場の造成の際に多数の石鍬や土器片が見つかり、発見されました。


いずれも縄文時代のものでした。
しかし出土資料は行方不明となっています。
学校用地であった為に数回の建築、造成工事により遺跡はほとんど破壊されてしまいました。


河岸段丘地の絶好の場所として日当たりも水利もよかったので自然採集時代の生活にはきわめて適地であったことは今でも容易に想像されます。


尚、学校用地より西方50mの付近で住宅用地を造成中、約80cm下の地層より鎌倉時代のものと考えられる蔵骨器(民族資料館展示)が出土されました。
当時、このような葬り方はかなりの豪族でなければできないことと考えらます。


(以上水窪まるごとガイドより。)




私のおじいちゃんもその昔、水窪小学校の体育館を作るときにその工事に参加したそうです。
水窪小学校の敷地はもともと墓地だったらしく、そのときには骨がいっぱい出てきたということでした。



ラベル:水窪 遺跡
posted by もり at 00:14| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 水窪の遺跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

月夜平遺跡

月夜平遺跡は、通称 月夜平墓地、と言われるところで、
水窪川の右岸に面した河岸段丘地にあります。


細い黒色の表層土の中からいくつかの石鍬、土器片が発見されました。
いずれも縄文時代のものですが資料は散失して不明となっています。


場所は東向きで日当たりも最高であり裏山も深く、こうしたホツ地は自然採集、狩猟をするのに恵まれていたと思われます。


昭和32年当時、神原の竹下峯次郎所有畑より炉跡が発見されて注目されました。


これは、町内遺跡ではただ一ヶ所ですが居住跡の発見までには至りませんでした。


(以上、水窪まるごとガイドより)





月夜平は、水窪小学校の裏山みたいな感じの場所で、
小遠足、みたいな感じでなんかいも行った。


個人的には、小学生のころに友達と、
「遺跡を発掘しよう!!」
と言って、月夜平遺跡の近所にある誰かの家の畑を荒らしに行った思い出がある。

そのときは、
石ころを数個と、わりと新しそうな植木鉢の破片のようなものを拾って帰ってきた。



ラベル:水窪 遺跡
posted by もり at 11:59| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 水窪の遺跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

宝平遺跡

宝平遺跡は、昭和43年に、長尾(なごう)の渡辺忠久宅前の道路拡幅工事が施工された時、渡辺氏の所有の畑の約1m下より多数の土器が出土することで発見されました。


これらの土器は縄文中期から晩期(終末期)にいたるもので、(加曽利E式、蜆塚U式、彦崎KU式、上の段式、元住吉山式、踊場式、加曽利式)約40点に及んでいます。中でも踊場式(長野県諏訪市出土)は中期最古(約3000年前)の物があります。



遺跡所在地は東向きの穏やかな河岸段丘で花崗岩の多く露出する中に黒色表土が目立っています。


日当たりもよく水利もあり、前方が開け裏山を背負っていて見通しがよかったので、自然採集や狩猟に都合のよい絶好の場所として早くから人の生活があったものと想像されます。



その他の遺物として、陶質の山茶碗も出土しているので、鎌倉時代以降の生活も考えられています。



(以上、水窪まるごとガイドより抜粋)
ラベル:水窪 遺跡
posted by もり at 09:44| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水窪の遺跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

桂山遺跡

水窪町には、縄文時代から人が住んでいた形跡がいくつもある。



そのうちのひとつが、桂山遺跡。



以下、水窪まるごとガイドより、桂山遺跡の章を抜粋。



昭和41年に西浦桂山の森口義久家の前のなだらかな河岸段丘の畑を開田中、地層から2m位の下層の中から多数の土器が発見されました。


出土品はかなり細かく破損した物が多くありましたが、縄文時代中期(里木式、加曽利E式、吹畑式)から後期、晩期のものと思われる土器片がありました。


桂山は海抜650m余りの中腹で前に流れる翁川に沿って中腹の古道をたどれば青崩から信州に通じ南は長尾の宝平遺跡に続く山棲生活(自然採集、狩猟生活)の絶好の場所であったに違いありません。


この遺跡からはその他、平安時代の山茶碗や奈良時代の朱塗りのかけらも出土しています。


このように桂山は長い時代にわたって人間の生活に最適なくらしよい条件を備えた地域であったと言えます。


なお、この桂山遺跡は町では最も古い遺跡となっています。








ラベル:水窪 遺跡
posted by もり at 11:58| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水窪の遺跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。