2008年05月25日

佐久間レールパーク移転!?

初代新幹線「0系」や「湘南カラー」と呼ばれるオレンジと深緑の列車など、国鉄時代を代表する車両16両を展示している浜松市天竜区佐久間町のJR飯田線中部天竜駅構内にある「佐久間レールパーク」の展示車両の大半が移転することになった。
ということ。
記事↓
http://www.shizushin.com/news/social/shizuoka/20080524000000000017.htm

佐久間は水窪の隣の町だけど、
このニュースはひどいなと思ったので書く。

佐久間レールパークとは、
JR飯田線の中部天竜駅にある、
昔走っていた電車の車両とかを展示した小さいテーマパークだ。

そこに展示してある車両を、
今度名古屋に作られる大きな博物館にうつしてしまうのだということ。

佐久間レールパークは、
あのあたりの地域では珍しく結構遠くから人が訪れる、
知る人ぞ知る名所であったはずなのに。

まあ、車両はJRという企業の持ち物だろうから、
その地域がどうこういえないのかもしれないが、
JR東海の代表が、
「佐久間レールパークの展示車両は貴重なものばかりだが、展示場所が屋外のため雨風にさらされて車両の傷みは無視できない。屋内で展示できる名古屋の施設への移転は、社内で既に決定したこと」
と語っているのを読むと、

その貴重な車両を、すでに何年も風雨にさらしてきただろ!
何でいまさら!


鉄道ブームだからとりあげるんだろ!
と、思わざるおえない。


まあひとつの企業が、
より儲かる方針をとるのは当たり前のことかもしれない。

昔「国鉄」としてやってきたひとつの企業がね。

赤字ローカル路線なんて、
重荷でしかない、

という考えか?
と、
かんぐってしまう




こんなところにも、
地方の切捨てが進行中。



で、
ブームが終了したら、
戻すのか?



田舎は、
物置か?




ラベル:水窪
posted by もり at 12:01| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。