2008年04月06日

水窪にいる貴重な蝶 クロツバメシジミ

このほど、佐久間高校生徒会と環境整備部の部員約20人が、校内の園芸用棚に設置したポット約90鉢にツメレンゲの苗を植えた。

ツメレンゲは岩場に生える多年草の植物。佐久間、水窪地区ではまだ自生しているが、近年、急速に数を減らしている。ツメレンゲには、クロツバメシジミという羽を広げても2センチに満たない小型のチョウが卵を産み付ける。クロツバメシジミの幼虫は、ツメレンゲの葉肉しか食べず、準絶滅危惧種に指定されている。

ということ。
記事↓
http://www.shizushin.com/local_west/20080405000000000030.htm

クロツバメシジミという蝶の名前は知りませんでしたが、
こんな蝶を水窪で見たことがあるような気がします。


他にも、
貴重な蝶などの昆虫がいることでしょうが、
そちらの方はあまり詳しくないので、
わかりません。




ラベル:水窪
posted by もり at 22:28| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 水窪 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。