2007年11月25日

水窪中の改築で費用支払い放置

静岡新聞には申し訳ないですが、下記長々と引用です。
参照↓
http://www.shizushin.com/local_social/20071123000000000010.htm
浜松市天竜区水窪町の市立水窪中改築の建設残土処理で、費用の支払いが1年以上放っておかれ、業者から市担当者への請求電話に上司がたまたま出て気付き、本年度の11月補正予算に処理費551万円を計上したことが22日、明らかになった。同日開かれた市教育委員会で事務局が報告し、残土置き場変更や合併で事務が煩雑だったことを説明したが、担当者については怠慢とみて処分を検討しているとした。
 水窪中の改築は合併前の平成16年度から17年度にかけて。約3600立方メートルの残土が生じ、同町の公共残土処理地に運ぶはずだったが、町道改修中などのため、同町の他の仮置き場に搬入した。防災担当部署の指示で、本来の処理地へ17年12月までに再移動させたが、再移動は予算措置されておらず、経費支払いが放置された。


水窪出身で、
水窪中にいたこともある人間の一人として、
無視できないニュースだなと思った。

水窪中が老朽化などもあって立て直していたのは知っていたけど、
その際にこんな不手際があったとは。

ちょっと恥ずかしい。

町にお金がなくて払えないのかと、最初は思ったけど、
そうではなさそうなので、そのへんはまあほっとした。



私が通っていたころも、水窪中学校は古かった。

更には裏がお墓になっていて、
よるとか遅くまで残っているとかなり怖かった。

火の玉を見たとか見ないとか、
そういうウワサを良く聞いたな。

改築されても、裏がお墓だということは変わらないけど。



期間としては一年しか通っていなかったけど、
いろんな思い出を思い出す。


ラベル:水窪 ニュース
posted by もり at 22:19| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水窪名所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。