2007年08月28日

月夜平遺跡

月夜平遺跡は、通称 月夜平墓地、と言われるところで、
水窪川の右岸に面した河岸段丘地にあります。


細い黒色の表層土の中からいくつかの石鍬、土器片が発見されました。
いずれも縄文時代のものですが資料は散失して不明となっています。


場所は東向きで日当たりも最高であり裏山も深く、こうしたホツ地は自然採集、狩猟をするのに恵まれていたと思われます。


昭和32年当時、神原の竹下峯次郎所有畑より炉跡が発見されて注目されました。


これは、町内遺跡ではただ一ヶ所ですが居住跡の発見までには至りませんでした。


(以上、水窪まるごとガイドより)





月夜平は、水窪小学校の裏山みたいな感じの場所で、
小遠足、みたいな感じでなんかいも行った。


個人的には、小学生のころに友達と、
「遺跡を発掘しよう!!」
と言って、月夜平遺跡の近所にある誰かの家の畑を荒らしに行った思い出がある。

そのときは、
石ころを数個と、わりと新しそうな植木鉢の破片のようなものを拾って帰ってきた。



ラベル:水窪 遺跡
【関連する記事】
posted by もり at 11:59| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 水窪の遺跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。