2013年02月12日

水窪で吊り橋のワイヤが切れ、吊り橋が傾く

2013年2月10日、
水窪町で、吊り橋(「弁天橋」と地元の人が呼んでいる橋)のワイヤが切れて、
吊り橋が傾くという事故があった。

事故の記事。
高校生が通過中、国道上のつり橋のワイヤ切れる : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

つり橋:45度傾く 渡っていた7人無事 浜松− 毎日jp(毎日新聞)

橋が突然傾く 上にいた高校生3人けが NHKニュース
中日新聞:浜松・水窪でケーブル切れつり橋傾く :社会(CHUNICHI Web)

橋が突然傾く 上にいた高校生3人けが NHKニュース

ケーブル破断、つり橋傾く 3人軽傷 浜松・水窪 | 静岡新聞

記事より一部抜粋。

浜松市道路課によると、同橋は全長約32メートル、幅約1メートル20で、1965年に完成。市職員が月に3回程度、目視で確認しているというが、異常は見つからなかったという。

1965年の完成後、市職員が定期的に目視で点検しており、昨年4月に腐食が見つかっていたという。

去年4月に同じ天竜区にあるつり橋でケーブルが壊れたことから、浜松市が緊急点検を行ったところさびなどが見つかっていたということで、専門の業者に調査を依頼していたということです。

市道路課は、原田橋のケーブル損傷後、第1弁天橋を含むつり橋構造の橋を緊急点検した。さらに区内104の橋で詳細な点検を業者に発注していたという。同課の担当者は「けがをされた方に大変申し訳ない」と陳謝。破断の原因を調べ、老朽化した橋などをどう維持していくか方策を検討する姿勢を示した。


異常はなかったと書かれた記事と、
腐食が見つかっていたと書かれた記事とあるけど、
私が去年この橋を渡った時には、
だいぶ錆びているなと思った。

そして、
最近ペンキが塗り直されていないな、
とも。

私が小さい頃には、
この吊り橋のペンキは、
定期的に塗り直されていたと思う。

1965年に出来た橋は、
老朽化していても普通なんだろうけど、
大切に使えば錆び付くことは防げると思うし、
大切に使ってきたから、
いままで大丈夫だったのだろうと思う。

いつの頃からか、
(それをはっきりと書くと問題になるでしょうけど)
それができなくなっているなと感じる。

posted by もり at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 水窪ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。