2012年04月08日

水窪北―佐久間 新道建設、調査開始へ

国土交通省が三遠南信自動車道の水窪北IC(インターチェンジ)―佐久間IC間を現道を活用して整備する現行の計画を見直し、本年度から新たな道路の設置に向けた調査に着手する方針を固めたことが5日、関係者への取材で分かった。近く発表する予定。
ということ。

三遠南信道の水窪北―佐久間 新道建設、調査開始へ | 静岡新聞


記事より抜粋。

水窪北IC―佐久間IC間は、国と県が2001年度に国道152号と同473号の現道を活用した整備区間とする方針で合意していた。
政令指定都市として事業を引き継いだ浜松市は、このうち中央構造線の東側にあり、急峻で地盤の弱い区間(同市天竜区水窪町奥領家長尾―同区佐久間町川合)について「現道を活用した整備は極めて困難」と主張。現行の計画を見直し、新たな道路を整備するよう国に求めていた。


佐久間と水窪を結ぶ道は、
細くて曲がりくねっている。

早く道がよくなって欲しいなと思う。

posted by もり at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 水窪ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。