2010年11月27日

水窪で「ジビエ」料理

「水窪のジビエ」を浜松市の新たな名物に育てようと、地元商工会の若手が売り出しに乗り出した。10月31日に同市中心部で開かれた「ふるさと『食』の文化祭」でシカとイノシシの肉を使った「遠州ジビエやきそば」を販売したほか、市内で開かれるイベントを中心に、今後も出店を計画している。
ということ。

http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20101102ddlk22100283000c.html

私も小さいころから、
しか肉やいのししの肉を時々食べてきましたが、
そんなにおいしいものではないというのが、
正直な感想です。

料理の方法によるのかもしれませんが。


話の種に、
食べてみてもいいかな、
という感じでしょうか。


私がオーストラリアに旅行に行ったときのことですが、
そこではワニ、カンガルーなどの肉のハンバーガーが売られていて、
珍しいさもあり、観光客を中心に売れていたようでした。

水窪の「ジビエ」料理も、
そんな感じで売れたらいいなと、
思ったりします。




ラベル:水窪
posted by もり at 05:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 水窪B級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。