2008年08月11日

水窪の方言 「か」

かなんかいね いやだね

かじかむ こごえる

がんこ たくさん

かんしょう かんべんして

かんだるい つかれた 




「か」で始まる方言について


「かなんかいね」はうちの母がよく使う。

「かなん」ことが、たくさんあるのだろう。


「がんこ」は、
たとえば近所の人が自分の畑でとれた野菜をおっそわけしてくれたときなどに、
「まんず、こがいにがんこに、すまんねぇ」
と、
驚きながら言うことで、
「こんなにたくさん、ほんとにありがとう。」
という意味になる。



「かんだるい」は、
単に「つかれた」という状況よりも、
もうちょっと程度が強い。

なにか病的な原因が潜んでいそうなくらいに「だるい」時が、
「かんだるい」である。


ラベル:水窪 方言
posted by もり at 10:24| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水窪の方言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。